広告代理店のWEBプロデューサー・ディレクターの求人

広告代理店求人サイト TOP >> 職種別 >> 広告代理店のWEBプロデューサー・ディレクターの求人

広告代理店のWEBプロデューサー・ディレクターの求人

昨今の広告業界を語る上で外せないのがWEB広告関連の業務です。WEB広告の需要はインターネットが本格的に普及し始めた90年代後半から急速に発展していき、今では様々な形でWEBを利用した商品の宣伝が行われるようになりました。その結果広告代理店でもWEB広告の企画や製作を行うようになってきており、WEBの専門知識を持った人材を広く求めるようになってきています。その結果転職サイトなどでもWEBプロデューサーやWEBディレクターの求人が目立つようになってきたというわけですが、この二つの業務内容はどのようなものなのでしょうか。

広告代理店におけるWEBプロデューサーの業務は通常のプロデューサーと同じく広告の再生の総括を行い、企画から製作に至るまでありとあらゆる場面で活躍します。WEBプロデューサーの場合は通常のプロデューサー業務に加えてWEB関連の知識が必要になりますが、基本的な業務内容はまったく変わらず、クライアントからの要望を具体的にしつつプロジェクトの全体像をまとめ、その上で広告としての機能をフルに発揮する事が出来るようなアイディアを考案して、それらを実現させる事が出来るようなスタッフを集めて広告の完成を目指します。必要なスキルは多岐に渡るため他業種からの転職でいきなりこの職に就くのは難しいかもしれません。

WEBディレクターも通常のディレクターと同じようにプロジェクトの現場全体を管理してスタッフ全員の意見を一つに纏め上げた上でプロジェクトに沿うような形の広告を作り上げていきます。広告業界では個人主義的なところがあるといわれていますが、だからといってバラバラの状態で広告作成を行っても進捗が遅れることのほうが多いのでディレクターによるスタッフ全体の一体化は非常に重要な意味を持ってきます。この業務も広告の製作に関係する全ての工程に理解を持ち、マネジメント能力なども強く求められている業務のためそう簡単になれるとは限りません。

WEBプロデューサーやWEBディレクターの求人はここ最近増えてきたといいますが、基本的には他の広告代理店などでディレクション業務などをこなしてきた経験がある方向けの求人がほとんどで、他業種からの転職の場合はいきなりプロデューサーやディレクターとして働くことは難しいでしょう。しかし別のスタッフとしての経験を積めばこういった業務に就くチャンスも巡ってくるはずなので、まずは自分のスキルを生かせるような業務から経験を積んでいきましょう。

広告代理店のWEBディレクター求人探しにオススメ!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細

Recruit Agent

TOP

広告代理店求人の基礎知識

職種別の広告代理店求人

人気の広告代理店ランキング一覧

広告代理店の種類別求人

広告代理店求人FAQ

条件別の広告代理店求人


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 広告代理店の求人サイトランキング<※広告業界への近道!> All Rights Reserved.