広告代理店の求人動向

広告代理店求人サイト TOP >> 広告代理店求人の基礎知識 >> 広告代理店の平均年収は?

広告代理店の平均年収は?

広告代理店は広告主と企業の橋渡しを行い、多くの人に目を向けてもらえるような広告を企画し、時には製作する大変多くの働きが求められている職場です。どんなに良い商品であっても広告によってその存在が知られなければ意味が無いので、広告代理店の仕事は単なる橋渡し以上の意味を持っています。そんな広告代理店に憧れている方は多く、中には他業者からの転職を希望する方も大勢いるそうですが、それで生活する事が出来るかどうかは別問題です。広告代理店に転職してちゃんと生活する事が出来るのかどうかは気になるポイントですが、広告代理店の平均収入はいくらくらいなのでしょうか。

広告代理店の収入は一般的なサラリーマンと比べると比較的高額とされており、広告業界全体の平均年収はおよそ575万円といわれています。現在のサラリーマンの平均年収が400万円台ということを考えると相当な差があるように見えますが、この数値は極端な上下差が生み出しているものという話もあり、中小の広告代理店の中には生活に苦労している若手スタッフも少なくないそうです。さらに広告代理店は営業から企画、製作に至るまで様々な能力を持つスタッフが求められているため、それぞれの給与にも差が生まれています。そのため一口に広告代理店で働いているといっても働いている部署によって給与に差が生まれることも珍しくないそうです。

広告代理店の給与差は様々な要因によって生まれています。例えば大手の広告代理店と中小の広告代理店の給与の差は凄まじいものがあり、大手の広告代理店の平均年収は1千万円以上に及ぶところもあるのに対して、中小の広告代理店の中には平均年収が300万円台のところもあるそうです。更に広告代理店は個人の能力が重要な業種ということでも知られており、能力が高い人材は自然と多くの仕事を任され年収もどんどん上がってくるそうですが、そうでない人はずっとそのままになることも多いので、想像以上に向き不向きがはっきりと分かる職場といえるのかもしれません。

ここ数年広告を取り巻く環境はインターネットの普及によって大きく変わりつつあり、従来のスタイルのままでは経営が成り立たなくなることも決してありえない話では無くなってきています。その分今までとは違う視点を持った人材を求める広告代理店も増えてきているといわれており、他業種からの転職を希望している方も現状の閉塞感の打破を求めている広告代理店に必要とされる人材として注目されるかもしれません。

広告代理店への転職で年収UP!おすすめ転職サイト

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細

Recruit Agent

TOP

広告代理店求人の基礎知識

職種別の広告代理店求人

人気の広告代理店ランキング一覧

広告代理店の種類別求人

広告代理店求人FAQ

条件別の広告代理店求人


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 広告代理店の求人サイトランキング<※広告業界への近道!> All Rights Reserved.