筆記試験の内容と対策は?

広告代理店求人サイト TOP >> 広告代理店求人FAQ >> 筆記試験の内容と対策は?

筆記試験の内容と対策は?

広告代理店への就職を希望する方は多く、デザイン関係の仕事で生活していきたいという方から前職で培った営業のスキルを活かしたいという方まで実に様々な理由で広告代理店への就職や転職を目指しています。そのため広告代理店の求人は応募者が多く集まる事が多く、内定を得るまでには様々な関門をクリアしていかなければなりません。筆記試験もそんな数ある関門の一つで、面接やポートフォリオなどよりも軽視されがちですが、ここを失点すると他の形でカバーする事が出来ないことも充分ありえるので、油断することなく対策を施すようにしましょう。

広告代理店の筆記試験の内容は全て共通するというわけではありませんが、大抵はSPIや時事問題といった一般常識を測る問題や適性テストを行なうところが多いようです。それほど目立った変化も見られないのでこれらの問題に関してはしっかりと予習を重ねておくようにすればそれほど問題は無いでしょう。外資系の広告代理店の場合は英語関連の問題をこなす事になるかと思われるので、そちらについても対策を講じておいて損は無いでしょう。いずれにしてもこれらの確実に出ると思われる問題については無駄にポイントを落とすと評価に大きく影響するので、合格点を狙うのではなくトップを狙うくらいの心構えで臨みましょう。

広告代理店では一般常識などを測ると共に地頭についても注目する傾向にあるといいます。そのため試験問題の設問の中身も予習復習が出来ないような適性テストを積極的に行うようになっており、学力の高さよりもその場その場のひらめきに優れた人材を評価する事が増えてきているそうです。こうした背景には学力が高い代わりにアドリブに弱い人を振り分けたいという理由があるらしく、クライアントや周りのスタッフとのコミュニケーションを密に取り、適切な形で業務をこなす事が出来るような環境を作り上げる事が出来るような地頭を持つ人材を効率よく探すために適性テストの重要性は大きなものとなっているようです。

広告代理店へ就職するには越えなければならないハードルがたくさんあります。筆記試験もそうですが、それ以外にも書類審査や面接等より苦労する事が数多く残っているので、これらを確実にクリアするためにも過去の問題などをリサーチして予め対策を取っておく事が大切です。油断していて筆記試験がまったく解けなかったなんて事態に陥っては笑えもしないので、試験を行うまでの間は納得できるまで勉強して本番に備えるようにしてください。

広告代理店の求人にも強い!おすすめ転職サイト

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細

Recruit Agent

TOP

広告代理店求人の基礎知識

職種別の広告代理店求人

人気の広告代理店ランキング一覧

広告代理店の種類別求人

広告代理店求人FAQ

条件別の広告代理店求人


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 広告代理店の求人サイトランキング<※広告業界への近道!> All Rights Reserved.